湿式施工を行う左官屋さんはタイルも得意です。施工事例を交えて魅力を解説!

New

皆さんこんにちは!東京都調布市を中心に、全国各地にて一般左官・特殊左官を軸に建築工事一式を幅広くおこなっている株式会社ワイズファクトリーです。


左官というと壁を塗る職人というイメージが強いかもしれませんが、弊社では湿式施工全般も得意としており、タイルの施工も行えます!今回は、弊社の施工事例も交えてタイルの魅力を解説していきます。


■湿式工法って何?


湿式工法とは古くから用いられている日本の伝統的な工法の1つです。

モルタルやコンクリート、漆喰、土壁、石膏などの塗り壁材を現場で水と混ぜて、職人が刷毛やコテを使って下地材の上から塗って仕上げていく工法であり、職人の経験と技術が必要とされます。

特徴として湿式の壁材はアルカリ性の性質を持ち、殺菌作用を持つため、カビやダニなどを防ぐことができます。また、手作業による仕上げになる為自由度が高く、熟練の職人の手に掛かれば既製品には生み出せない唯一無二の存在感や味のある作品へと仕上げることができます。



■タイルとはどんなもの?



参照元:施工事例「東京都 マンション 外装」より


タイルとは、壁や床の保護や装飾のために使われる材料のことをいいます。キッチンや洗面所、トイレなどの水回りはもちろん、リビングや玄関などでも使用できます。


タイルは耐久性や耐水性、耐熱性に優れているのが大きなメリットです。傷や汚れに強いので、さまざまな場所で使用できます。デザインやカラーバリエーションも豊富にあるので、おしゃれな雰囲気を演出したい場合にも活躍してくれるでしょう。調湿効果や消臭効果、抗菌効果など機能性の高いタイルもあるので、用途に合わせて選べるのも魅力のひとつです。


ただし、タイルは施工費用が高くなることもある点はデメリットといえるでしょう。また、衝撃や振動に弱く、割れたり剥がれたりするリスクもあります。目地の部分は特に汚れやすいため、定期的なお手入れも必要です。


タイルにはさまざまな種類があるので、特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、施工する場所に適したものを選ぶことが大切です。



■タイルの種類


参照元:施工事例「東京都 某オフィス タイル工事」より


ここではタイルの種類について、それぞれの特徴も交えて解説していきます。


◆タイルの分類

まずは「素地(きじ)」「用途」「成形方法」「釉薬」「焼成方法」における分類をそれぞれ紹介します。


・素地(きじ)による分類

タイルの素地は、「磁器質」「せっ器質」「陶器質」の3つに分類されます。磁器質は吸水率が1%以下と吸水性が低く、素地が緻密で叩くと澄んだ音がするほど硬いのが特徴です。せっ器質は吸水率5%以下と中程度で、素地が硬が硬いのが特徴です。陶器質は吸水率22%以下と吸水性が高く、素地は多孔質で叩くと濁った音がします。


・用途による分類

内装タイルは、一般的に寸法精度の高い陶器質のものがよく使われます。外装タイルは、耐久性や耐候性に優れ、吸水率が低く強度の高い磁器質やせっ器質のものがよく使われます。また、床タイルは耐摩耗性が求められるため、磁器質やせっ器質のものが使われるのが一般的です。


・成形方法による分類

成形方法には、「乾式成形」と「湿式成形」の2種類があります。乾式形成とは、粉状の原料を高圧のプレス機で成形する方法です。そして湿式成形とは、土練機で原料を混練し、押し出しながら成形する方法です。


・釉薬の有無による分類

釉薬を使用したタイルを「施釉タイル」、釉薬を使用していないタイルを「無釉タイル」といいます。施釉タイルは釉薬をかけてから焼成するため、表面が美しく仕上がり、水や汚れに強いという特徴があります。そして無釉タイルは釉薬をかけずに焼成するため、素地の風合いを生かしたり、顔料によって色合いを出したりするのが特徴です。


・焼成方法による分類

タイルの焼成方法には、「酸化焼成」と「還元焼成」の2種類があります。酸化焼成タイルは、窯内の通気をよくして酸素を多く含んだ火炎で焼成をおこなうことで、化学反応によって呈色するのが特徴です。そして還元焼成タイルとは、窯内の酸素を抑制して焼成する方法で、焼物独特の色を出すのが特徴です。


◆内装タイルの特徴

内装タイルは、寸法精度の高い乾式成形の陶器質タイルがよく使われます。陶器質は吸水率が高いため、吸水しにくくする役割とデザイン性を兼ねて、釉薬がかけられています。


カラーバリエーションが豊富で、パステル調や淡い色合いのものから鮮やかな原色系のものまで幅広いラインナップから選ぶことが可能です。以前は尺貫法の規格が主流でしたが、現在はメートル法が主流です。用途に合わせて150mm角や200mm角など大型のタイルもあります。


◆外装タイルの特徴

外装タイルは吸水率の低い磁器質やせっ器質のタイルがよく使われます。湿式のタイルは自然な風合い、乾式のタイルはクールな風合いなのが特徴です。


焼成温度や焼成方法に応じて呈色のしかたもさまざまなので、幅広い色合いから選択可能です。「小口平」や「二丁掛」というサイズが主流ですが、近年は三丁掛以上の大きいタイルや特殊形状のタイルも増えています。また、表面を石面や波面などにしたものもあります。


◆床タイルの特徴

床タイルは滑りにくく、摩耗や衝撃に強いことが求められます。また、汚れにくく、簡単に洗い流せることも重要です。


釉薬の床タイルは汚れに強く掃除しやすいため、住宅や店舗などでよく使用されます。また、無釉の床タイルは滑りにくく摩耗しても色が変化しないため、公共施設や歩道、公園などでよく使用されます。サイズは100mm角が主流ですが、近年は大きいサイズのタイルも増えてきました。


◆モザイクタイルの特徴



参照元:施工事例「東京都 マンション 外装」より


モザイクタイルとは、表面積が50c㎡以下の平物のタイルのことです。施工しやすいようにユニット化されたものが多く、トイレや浴室などでよく使用されます。形が小さいと複雑な施工にも対応しやすく、目地が多いことで滑り止め効果も期待できます。


内装や床で使用されるモザイクタイルはさまざまなサイズのものがありますが、外装では50mm角や50mm角二丁が主流です。


◆特殊名称タイルの特徴

特殊名称タイルには、さまざまな種類があります。例えば「スクラッチタイル」は湿式成形でつくられた無釉タイルで、タイルの表面を釘のようなもので引っ掻くようにして押出成形されます。


他にも石を割ったような風合いの「テッセラタイル」、表面に彫刻などがあり施釉された「テラコッタ」、切り込み模様や押印模様をつけた「象嵌タイル」など、デザイン性を兼ね備えたものも豊富です。



■タイルの魅力



参照元:施工事例「東京都 新築マンション 左官工事」より


タイルにはさまざまな魅力があります。ここでは主な魅力を4つご紹介します。


・耐久性や耐火性に優れている

タイルは耐久性に優れており、長く美しい状態を保てます。また、耐火性にも優れていることから、キッチンの壁や床に使用すれば火災のリスクを低減させてくれます。


・身体にやさしい

タイルの表面はアレルゲンとなるハウスダストなどを捕集しにくく、カビも繁殖しにくいため、アレルギーがある人にとってやさしい住まいを実現できるでしょう。


・使い勝手がいい

タイルはデザイン性の高さやメンテナンスのしやすさからも、さまざまな場所で使用できます。インテリアスタイルに合わせてデザイン性のあるものを選んで楽しむことも可能です。また、汚れがつきにくいことから、水回りでも安心して使用できます。


・環境にやさしい

タイルは基本的に自然素材でつくられているため、リサイクルが可能です。また、耐久性に優れており寿命が長いことから、一度施工すれば長く使える点も環境にやさしいといえるでしょう。



■株式会社ワイズファクトリーでは「左官・タイル」両方の技術を身に付けられます。



株式会社ワイズファクトリーでは、じっくり腰を据えて、一生モノのスキルを身に付けたい方を大募集しております。さまざまな素材に応じた工法や技術を身に付けるのは大変な部分もありますが、前向きに頑張る方へのバックアップは惜しみません。


研修内容は、どれも一人前の左官職人になるために考え抜かれたものです。左官の仕事は、日々の努力や探求が欠かせません。私たちは「躍進し続ける」をテーマに、技術を磨き続けています。


勤務時間は8時〜17時で、昼食と午前・午後に合わせて2時間の休憩をとり、1日7時間労働です。基本的に土日休みで、GWやお盆、年末年始の休みも気兼ねなく取れるので、家族との時間をしっかり確保できます。福利厚生や年3回の賞与もあり、安心して働ける環境です。また、経験者の方は給与にしっかり反映します。


建設業界で手に職をつけたい方、今のキャリアに悩んでいる方は、ぜひワイズファクトリーにお気軽にご連絡ください。左官という伝統技術を継承しながらセンスを磨き、お客様の理想を一緒にかなえていきましょう。


ぜひ、他の施工実績もご覧になっていただけると幸いです。


施工実績